« 2019年2月 | トップページ

2019.09.24

[本]『三体』

 ヒューゴー賞やネビュラ賞(あるいは両賞受賞)だからといって読むことをしなくなって久しいが、もともとは英語で出版されたもの以外での初めてのヒューゴー賞(アジア人の作家によるものとしても初めて)というニュースにつられたのと、アンソロジーに載っていた始皇帝が登場する短編とこの『三体』がどう関わるか不思議に思って、読んでみた。中国の文化大革命の時期の知識人の厳しい生活(文化大革命や大躍進と聞くとやはりぞっとしてしまう)からはじまり、しばらく読み進めると、もう途中では読むのをやめられなくなった。続編が訳されたら、少なくとも次巻はすぐ読もうとすると思う。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ