« [NBA]1ゲーム最多得点 | トップページ | [NBA]今年の最優秀ディフェンス選手は? »

2017.04.18

[その他]パタリロ-伊藤嘉昭さんのこと

 伊藤嘉昭さんについては、おおまかにはこちらを、詳しくは、自伝的な本である『楽しき挑戦―型破り生態学50年―』と、最近出版された『生態学者・伊藤嘉昭伝 もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ』を見てください。
 『生態学者・伊藤嘉昭伝 もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ』には私が書いた部分も少しあるのだが、他の方々の書いたところを読んでいくうちに記憶を刺激されて何度も笑ってしまった。笑った箇所とは別に、読んだインパクトで思い出し、忘れないうちに書いておいた方がよさそうなこともあった。この本の中で伊藤さんのご子息である道夫さんが、伊藤さんがパタリロを好きだったと書かれている。パタリロ好きになった経過は、おそらくは以下のようである。
 名古屋大学の(当時)害虫学研究室では、夏の早い時期に1泊2日で研究室旅行に行っていた。このころは大学は7,8月がほぼ夏休みで、7月の前半に出かけるとまだあまり混まないうちに海や山にいくことができた。ある年、伊豆の西海岸に行ったのだが、天気も悪く、海岸にはまだ砂が入っていなかった(もう少し後の海水浴シーズンには砂が入れられて、砂浜になったのだろう)。それでも、泳ぐのが好きな伊藤さんは泳いだ。私も含め多くの人は泳がず、温泉には入った。一泊した翌日、車での移動途中に雨が強くなり、ドライブインのようなところに入った。そこにはマンガの単行本がいろいろ置かれていた。手持ちぶさたになった伊藤さんから、何かおもしろいのはないかと聞かれたので、パタリロをすすめた。どうもつぼにはまったらしく、むさぼるように読んでいた。
 どうやらその後、集中講義やセミナーなどで他の大学に行くと、”粕谷がパタリロを好きで”といった内容をよく話していたらしい。その少しあと、ある学会(たぶん京都だった)の際に、北大の院生[当時]から、粕谷はバンコランが好きなのか?という内容のことを聞かれて、驚いた記憶がある。パタリロは読んでいたしおもしろいと思っているのだが、とくにバンコランが好きということもないのだが。
 その頃、まんがをよく読んでいた。いまでも、よく読んではいるが、そのころに比べると量はだいぶ減っている。伊藤さんはパタリロだったのであろうが、私自身がその頃むさぼるように読んでいたのは、『ガラスの仮面』だった。隣の植物病理の研究室の院生が貸してくれたのが大きかった。ふと、あの研究室旅行の時にもし、あそこに、パタリロではなく、ガラスの仮面が並んでいたら、どうなっただろうか、伊藤さんはガラスの仮面好きになっただろうかなどと考えてしまった。
 いまだったら、私は、きっと『ばらかもん』をすすめるのではなかろうか、などとも思って、少し悲しくなった。

 

|

« [NBA]1ゲーム最多得点 | トップページ | [NBA]今年の最優秀ディフェンス選手は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35623/65164539

この記事へのトラックバック一覧です: [その他]パタリロ-伊藤嘉昭さんのこと:

« [NBA]1ゲーム最多得点 | トップページ | [NBA]今年の最優秀ディフェンス選手は? »