« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2015.12.02

[その他]映画「愛染かつら」の主演女優田中絹代

 映画「愛染かつら」の主演女優は田中絹代とのことで、有名な女優だということは知っているものの、具体的に出演した映画やテレビはほとんどおぼえていない。わずかに憶えているのは、子供のころに見た、NHKの大河ドラマ『樅の木は残った』の、主人公原田甲斐の母役である。伊達政宗の娘(茂庭綱元の養女)ということになる。このドラマは、ストーリーがよくわからず、映像がこわかったという印象だった(そのため憶えていた)。たぶん2,3年後に、山本周五郎の小説を次々に読んだときに原作の小説を読んでみると、確かに構成は多少複雑だが(そしてこういう状況に置かれた小説の主人公は、その時の私にとっては初めてだった)、よくわかるものだった。『さぶ』などほどではないものの、何度も読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]愛染かつら

 最近「旅の夜風」(『花も嵐も踏み越えて』で始まる。歌詞に、ホロホロ鳥が出てくる)の歌詞をちゃんと見る機会があり、この歌が主題歌だった映画「愛染かつら」のタイトルの意味を調べてみた。”愛染明王をまつったお堂のそばにあるカツラの木”ということだった。川口松太郎が小説を書いた際に滞在した、別所温泉(長野県)で見た、カツラの木から思いついたとのことで、、小説や映画以降に木も愛染かつらと呼ばれるようになったとのことだ。
「旅の夜風」の歌詞に出てくる地名は、いずれも京都付近のものである。
 映画「愛染かつら」は、1938年公開で、「旅の夜風」(万城目正作曲、西條八十作詞)はその頃としてはすごいヒット曲だったらしい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »