« [その他]mingo | トップページ | [その他]日本の都道府県の人口 »

2014.11.15

[その他]神奈川県のうち武蔵国の部分の人口

 武蔵国はいまでいえば、埼玉県の全体と東京都の大部分、それと神奈川県のうち川崎市全体と横浜市の大部分にあたる。いまの横浜市金沢区付近が武蔵国のいちばん南にあたる。神奈川県の人口は約905万人(2010年の国勢調査)であるが、川崎市と横浜市の人口を合わせると500万人を越えるから、神奈川県のうち武蔵国だった部分の人口を半分に近い。横浜市には、相模国だった地域もあり、戸塚区、泉区、栄区、瀬谷区(わずかに武蔵国だった地域がある)である。また、金沢区、南区、港南区にも少しずつ相模国だった地域がある。これを考慮しても(横浜市のうち相模国だった地域の人口は65~70万人であろう)、神奈川県の人口のほぼ半分は、武蔵国だった地域に住むということになる。 同じく武蔵国であった、東京都と埼玉県とならべてみると、もちろん武蔵国だった地域の人口の半分以上が東京都に住むのであるが、神奈川県のうち武蔵国部分と埼玉県の人口をあわせれば1200万人を越えており、東京都の人口に迫っている。
 武蔵国だった地域の人口は、日本の人口の約2割ということにもなる。
 

|

« [その他]mingo | トップページ | [その他]日本の都道府県の人口 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]神奈川県のうち武蔵国の部分の人口:

« [その他]mingo | トップページ | [その他]日本の都道府県の人口 »