« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.18

[その他]光厳天皇

 鎌倉時代の終わりごろの天皇で(1313年生まれ)、死んだのは足利義詮が将軍(第2代)を義満に譲る少し前の1364年である。1333年には京都を脱出して東に逃げる途中で、警護していた鎌倉幕府(六波羅探題)の軍勢が全滅し(近江国番場での集団自殺)、捕えられて廃位された。こういう経験をした天皇は珍しいと思うのだが、まだ後がある。その後、後醍醐天皇の政権が崩壊して、足利尊氏などの政権では弟(光明天皇)や子(崇光天皇)が天皇になって院政を行なったりもしている。1351年に一時的に南朝側が京都を占領したときには、捕まったばかりでなく、京都から退く南朝側に拉致され(光明・崇光両上皇も拉致された)、京都に戻ったのは1357年である。こちらも併せると、他には似た体験をした天皇はいないのではなかろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]南朝と吉野

 元祖の、中国の南北朝の南朝ではなく、日本の鎌倉時代の少し後の方である。南朝を印象として代表する場所は吉野だろうが、南朝の”都”が吉野にあった期間は南朝の存在時期(50年余り)に比してもそう長くはない。最初の10年あまりと長慶天皇のときの数年間だけで、賀名生(奈良県)、住吉(大阪府、住吉大社のそば)にそれぞれ約10年くらいあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.17

[統計]p値の奇妙な分布

 いわゆるp値(有意確率だろうか)を、心理学の3つの学術雑誌の論文(多数)で調べ、その分布を見たところ、0.05(すなわち5%)のすぐ下つまり5%よりわずかに小さいところの頻度がまわりから期待されるよりも高いという論文が出ている。ヒストグラムで言えば、5%よりわずかに小さいところに出っ張り的なものがあるといたことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.13

[NFL]Rod Woodson

 ピッツバーグやボルティモアなどでプレイして引退し、殿堂入りしているディフェンシブバックである(背番号26)。学生時代は陸上競技でも知られていたとのことで、100m走の10秒26という記録もすごいが、110mハードルの13秒29はいまでも日本記録になる成績だし、60m走の記録は6秒70である(日本記録は朝原の6秒55)。NFLに入って間もないころ、NFL最速を決めるという競走のときにはDarrell Greenの次だった(Darrell Greenの100m走の記録は10秒08)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.12

[NFL]延長戦、決勝点がセイフティー

 ポジション名(Ronnie Lottなど)ではなく得点方法のセイフティーである。10日ほど前に、延長戦で、エンドゾーンでQBをサックしてマイアミがシンシナチに勝った。NFLでは延長戦のセイフティーは3回目だそうだ。
 1つの試合で片方のチームによるセイフティーの記録は3だそうで、とても破られそうな気がしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]脆弱性

 コンピューターやコンピューターのネットワーク関係でvulnerabilityという言葉を聞いたとき、最初はブリッジをするのかと思ったりした。最近は脆弱性と訳されていることが多いらしい。脆弱は音では聞くことが少なくはないように思うのだが、脆性破壊などのことばに慣れていると思われる人以外では、「きじゃく」と読んでいる例もときどき見かける。過去、複数回、「ぜいじゃく」と読んで’訂正’された経験があることから考えると、「きじゃく」は意外に普及した’読み’かもしれない。
 漢字の中にはつくりの部分が音を表すものがあるとだいぶ昔に学校で習った記憶があるが(と思いだすのは、大学の教養の授業と高校の漢文の授業なのでそれぞれ役に立っているのかもしれない)、もちろん全部ではなくそうではないものも少なくない(もちろん、大学と高校でもそのことも習った)。有名どころだと、日野俊基の「相」がある。つくりもへんも「もく」というわけである。おぼえている例には、「鳴」もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

[その他]ウトペネッツ

 ソーセージの酢漬けのことで、Utopenecと書き、チェコ語で”水死体”の意味だそうである。最初、話を聞いたときには、『ソーセージの酢漬け』と言うがシュ-クルートのまちがいではないのかとか思った。日本で売っているソーセージには、改めて加熱しないで食べられる(加熱した方がおいしいかどうかは別の問題)ものが多いことに気付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[鳥だの森だの]スマートフォンの加速度センサー

 加速度センサーにはわずかだが誤差があり、その誤差が同じ(機種でなく個体)スマートフォンではいつもよく似ているのに、個体の間ではかなりちがっていて、スマートフォンを一台一台認識できるという記事が載っていた。動物の個体で、非接触で検知できる、普遍的で、安定した個体間のちがいがあると何かと便利なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »