« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013.05.28

[千早・香椎][その他]高さ制限・最大幅制限

 道路標識に、高さの制限と横幅の制限があるが、ときにとても小さくて驚くところがある。香椎周辺では、名所だとさえ思う、「高さ1.6mで幅2.0m」が近くに3か所あるのがよく知られている。香椎川沿いの道路を、JR香椎線が越えるのが1つで、鹿児島線が越えるのがあと2つである。150メートルほどのあいだに、この「高さ1.6mで幅2.0m」が3つと、もう1つ「高さ1.8m」がある。人が通っているときには、とても自動車が通れる状況ではないのだが、このうち、香椎川の南岸沿いの道路はそれなりに交通量がある。
 JR香椎線には、土井駅の手前(舞松原との間)に「高さ1.9m」、土井駅と伊賀駅の間に「高さ1.6m」がある。
 西鉄貝塚線には、横幅だとこれよりも厳しいところがあり、「高さ1.7mで幅1.5m」というのが、唐の原と香椎花園のあいだにある。その100mあまり北に、「高さ1.9m」がある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.27

[千早・香椎]団地

  団地(工場団地とかではなく住宅の団地)というと、鉄筋の集合住宅のこともあれば、一戸建ての住宅が集まったところを指すこともある。千早・香椎周辺だと、どちらもある。たとえば、香椎台団地(住居表示だと水谷)は、一戸建ての住宅が集まったところの方である。引越してきてすぐ、「香椎台」と言われて、住居表示の香椎台(香椎東小学校がある)のことだと思いこんで、話がなかなか通じなかったことがあった。直線距離では1km余り離れているが、普通に自動車で行くとなれば(それぞれの中の場所にもよるが)3kmくらいある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]三番目に人口が多い市

 東北と北海道を合わせた範囲を北日本とすると、そこで三番目に人口が多い市は旭川市になる(札幌と仙台が上位に来る)。”北”からの連想だと思うが、ときたま誤って、東京以北で三番目に人口が多いのが旭川市と言われることがある。東京以北で3番目に人口が多い市は仙台市(札幌市とさいたま市が上位に来る)である。また、川口市や宇都宮市、高崎市など旭川市より人口が多い市が東京よりも北にある。
 では、どこよりも北だったら三番目に人口が多いのが旭川市になるかと言えば、新潟市が入らない(そのすぐ北)ようにとればいいということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.26

[千早・香椎]博多バイパスの工事

 香椎荘の先に、橋脚ができていて、そこから北側は進んでいるように見える。その南側、香椎参道まではあまり進んでいるようには見えなかった。香椎参道を渡ったところには水谷側からもう道が来ているのがわかる。参道の上は、高架橋で越えるのだろうが、だいぶ参道の景色も変わりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.05

[千早・香椎]千早駅と香椎宮

 千早駅から、香椎宮へは直線距離だとほぼ1kmである(どこで測るかによっていくらかちがう)。もし、千早駅から香椎宮に行くとすれば、普通は西鉄香椎宮前駅の少し北から、香椎参道を通っていくことになるだろうから、JR鹿児島本線地の踏切(勅使社道踏切)あたりを頂点にした三角形という感じでかなり遠回りに見える、実際に直線距離に比べると700mくらいは長くなる。
 地図でもっと南あるいは南東を通る道はないかと見ると、車道ではつながっていないようにもつながっているようにも見える。水谷2丁目からの道はつながっていないことはないが非常に細く、香椎5丁目の方はつながっていない(途中が階段である)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.04

[統計]トリム平均など

 トリム平均(trimmed mean)とは、データのうち最大側のいくつかと最小側のいくつかを除いた、残りの平均である。たとえば、0.8、0.9、1.2、1.4、1.5、1.8、1.9という7つのデータなら、端の1つを除いたトリム平均は(0.9+1.2+1.4+1.5+1.8)/5であり、2つを除いたトリム平均は(1.2+1.4+1.5)/3である。似たものに、Winsorized meanがあり、端のデータを除くのではなく、そのすぐ内側のデータに置き換えたものの
平均である。たとえば、(0.9+0.9+1.2+1.4+1.5+1.8+1.8)/7である。また、似た名前のものに、(Tukeyにより使われた)trimeanがある。こちらは(上側の四分位数+2×中央値+下側の四分位数)/4である。
 トリム平均とよく似た考え方は、スポーツの採点でもときどき使われている。たとえば、スキーのジャンプの飛型点や水泳の飛び込みの採点などである。
 平均値と並ぶデータの位置を表す量は中央値(メディアン)だが、’トリム中央値’というのは、元のデータの中央値と同じだから、ないだろうと思っていたら、使われることがあるらしい。日本銀行の物価見通しがそれらしい。日本経済新聞によると、『日銀の物価見通しは9人いる決定会合メンバーのうち、最大値と最小値を除いた7人の見通しの中央値で示す。』のだそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »