« [その他]アメリカのバスケットボール | トップページ | [その他]たばことPM2.5 »

2013.04.05

[鳥だの森だの]デジタルカメラの画素数

 デジタルカメラの性能として画素数だけが取り上げられることは以前より減ったような気がする。目的によっては、画素数のある程度のちがいは大きな意味があることもある。もちろんいわゆる中判のデジタルバックには大きな画素数のものがある。たとえばPhaseには約8000万画素のものがある。ボディだけの価格だと20万円以下ならシグマのSD1Merrillが約4600万画素、10万円以下ならシグマのDP1Merrill、DP2Merrill、DP3Merrillが約4600万画素である。
ニコンのD800は約3600万画素で20万円は越え、ペンタクッスの645Dは約4000万画素で60万円ほどである。

|

« [その他]アメリカのバスケットボール | トップページ | [その他]たばことPM2.5 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [鳥だの森だの]デジタルカメラの画素数:

« [その他]アメリカのバスケットボール | トップページ | [その他]たばことPM2.5 »