« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.30

[千早・香椎]国道3号線の方向

 日本道路交通情報センターのサイトを見ていると、国道3号線の、香椎から見て箱崎や博多や熊本の方向は下りと呼ばれる。国道3号線バイパス(博多バイパス)の松島から見て空港通りや東比恵などの方向は、下りではなく西行と呼ばれる。バイパスが両側とも3号線につながり開通した時には、上りと下りになるのだろうか。
 松島からほぼ南の方向を西行と呼んでいるのは、”箱崎方位”と私が呼んでいるものと同じだろう。ちょうど、箱崎小学校と東箱崎小学校の位置関係(東箱崎小学校がほぼ真北にある)と対称である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]麺類の幅(太さ)

 麺類の太さは、「番手」で表されることがある。これは切って麺の形にするとき、3センチメートルに何本の線が入るかということだそうだ。数が少ないほど太いことになる。最近では、中華めんでも1桁の番手があると聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.29

[千早・香椎]浜男通り

 香椎の浜男通りあるいは浜男本通りとは、県道町川原福岡線(504号)の香椎駅や香椎参道あたりの名前だそうだ。浜男は昔の村名でもあり、今の地名にも残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.28

[その他]NFLプレーオフ近づく

 NFLもレギュラーシーズンはほぼあと1週になり、プレーオフの顔ぶれもきまりつつある。AFCは残っているのは、南の地区優勝だけでインディアナポリスとジャクソンビルの争い、NFCはワイルドカードの残り1つと西の地区優勝である。西はもしかすると負け越して地区優勝となるかもしれない。サンディエゴはプレーオフを逃すわけだが、得失点差は+114もあり、AFCではニューイングランド(すでにホームフィールドアドバンテージ獲得)に次いで二位なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.24

[その他]和白

 2か月ぶりくらいに和白を通過。飛行機の音?と思って見上げると、和白病院の屋上にヘリコプターが降りようとしていた。495号線沿い(和白交差点より新宮方向)に、自転車を置いてある店があって、ガラスばりの2階に置かれている自転車がきれいだった。イオンのサイクルショップだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]アビスパ福岡

 テレビでなかなか見る機会がないが、FWだと田中、MFだと中町、永里、末吉、DFだと丹羽、GKの神山など名前を見かけることも多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

[千早・香椎]フレスタ香椎?

 JR香椎の駅ビルの名前は、「フレスタ香椎」かと思っていた。JR九州グループの会社のこちらのページを見ると「フレスタかしい」とひらがならしい(、千早は漢字で、吉塚や行橋はひらがな)。しかし、JR九州の別のページでは、「フレスタ香椎」と漢字である。フレスタかしいという方が少ないようだが、さらにこちらを見ると少なくとも最近まで、両方使われているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.18

[箱崎]九大正門付近が賞をうける

 九大箱崎キャンパスは趣があるとはとても言えないが、正門を入った、本部、旧工学部本館などの一角だけは別である。「福岡まちこわし大賞」を出している福岡住環境を守る会というところから、賞(「残しま賞」)を受けた。箱崎キャンパスを歩くと、多くの人に強い印象を残すのは何と言っても旧工学部の航空の建物(理学部と鹿児島本線の間)だと思うのだが、それは含まれていないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[千早・香椎]JR香椎駅ビルに書店

 JR香椎の駅ビル(フレスタ香椎)に来週から金進堂がはいるそうだ。以前、積文館があった場所に入るのだろうか。JR九州のフレスタ香椎のウェブサイトでは、まだ積文館書店があることになっている(以前はいくつもあったが今は福岡市東区内には店舗がない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

[福岡]福岡国際マラソン

 今日は福岡国際マラソン。家から歩いて5分程度のところを通る。25キロ過ぎで千鳥橋をわたり、国道3号線を行く。名島で30キロ、香椎参道付近で折り返して九大(箱崎)付近で35キロといわゆる勝負所が近くで行われる。テレビ(朝日系)の中継は、開設が瀬古でその相手をするアナウンサーが中山アナウンサーで、因縁めいてるなあと思っていたら、スタート/ゴールの平和台陸上競技場での解説は、中山竹通だった。見ていた範囲では、瀬古と中山竹通は話していなかった(中山アナウンサーとは話していた)。優勝候補はなんといってもガリブ(北京オリンピックの2位)で38歳だが少し前に2時間5分台(アジアでは最高記録になる)を出している。ケベデという人も出ていたので北京オリンピックの三位かと思ったら、別の人で、ボストンマラソンの今年の三位だそうだ。
 先頭を独走している人がキプタヌイ(少し前に3000m障害の世界チャンピオン?)で、あれと思ったら、ペースメーカーなのだがペースを上げて独走したそうだー30kmで走るのをやめた(契約はそこまでととテレビでは言っていた)。
 テレビは先頭の数人がゴールしたところで番組が終っていた。今井(箱根駅伝ではすごかった)はゴールするかしないかのところで終ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »