« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.30

[その他]チーム・ジョン・デリンジャー

 NBAでマイアミに移った、”キング”、レブロン・ジェームズが自分とマイアミでのチームメートのことをそう呼んでいるそうだ。ジョン・デリンジャーは、1930年代のアメリカのギャングで「俺たちに明日はない」のボニーとクライドくらい有名らしい。3人有名選手がいるとビッグスリーと呼ばれるのはあまりに当たり前になっているので、これがウェイド、レブロン・ジェームズ、ボッシュなどを呼ぶ名前になるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.28

[その他]ホメオパシー

 溶媒である水に溶質が1分子も残らないほど希釈しても効果があると主張するホメオパシーだが、『「ホメオパシー」についての会長談話』という学術会議の会長談話が出ていて、説明ははっきりしていてかなりわかりやすい。
 その後すぐ続いて、この学術会議会長談話に全面的に賛同するとする医学会と医師会(医師会の方が日医)の会長連名の文章も出ている。
 また、やはり学術会議会長談話に賛同する立場から、
薬剤師会会長の記者発
獣医師会と獣医学会の会長の連名の談話や歯科医師会と歯科医学会の会長の連名での発表も出ている。
(追記)
学会としては、薬学会の会頭談話も出ている。
(さらに追記)
助産師会も学術会議会長談話に全面的に賛成するとの会長の談話を出している。
医療関係の大きな職能団体としては、看護協会からは態度の表明がない(こちらも参照)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.27

[統計]GLMDM

 GLMDMは、generalized linear mixed Dirchlet modelの略で、ランダム効果をDirichlet過程で表現したGLMMとのことだそうだ(Dorazio, R. M.et al.2008 Biometrics,64,635–644など)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.26

[千早・香椎]香椎フェスティバルガーデン

 香椎参道の交差点そばの、ハローワークのすぐそば、ヤマダ電機とビックカメラの3号線を挟んで向かい側に、3か月ほど前にできた、複合商業施設(?)。スポーツデポとかサイゼリヤ(九州では見たことがなかった)、g.u.とかが入っている。サイゼリヤにはしばらくぶりに行ってみた。スーパーマーケットやコンビニは入っていない。
 ここは大和ハウス工業がやっているのだそうだ。同じく3号線沿いのボックスタウンはダイワロイヤルだった。ダイワロイヤルの方が子会社である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.25

[その他]コンピューター・ウィルス

 迷惑メールの中にウィルスが含まれていますということで、ウィルス対策ソフトがThunderbird(メールツール)の受信ファイルを削除した。以前にも、似たことがあったので、別マシンでもメールを受信してはあるのだが、必要なメールをThunderbirdに持ってくるのに以外に手間がかかった。受信ファイル削除が一度起こったと思っていたのだが、どうも三度起こっていたらしいのに気付かなかったのも時間がかかった原因の1つかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

[福岡]中洲でうなぎ

 先日、中洲でうなぎを食べた。中洲自体にあまり行くことがないが、中洲でうなぎは少なくとも4年ぶりくらいで、春吉の方から歩いていったら、道がよくわからず、ばたばたとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[福岡]天神ダイエー前のマクドナルド

 先日、久しぶりに天神に行ったら、渡辺通りをはさんでダイエーの向かい側のマクドナルドが閉店していた(正確には、昭和通りとの交差点の北だし渡辺通りではないかもしれない)。ここはだいぶ昔からあったのだと思う。
 あまり天神に行かなくなっているのはなぜだろうと考えてみると、ひとつには六本松に仕事で行くことがなくなったためでもあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.08

[その他]長期記憶と短期記憶

 長期記憶と短期記憶ということばは、記憶自体についてだけではなく、時系列のデータについても使われる。相関がどれだけ持続するかによっていて、短期記憶は相関が指数的になくなっていく場合で、たとえば、自己回帰移動平均過程(autoregressive moving average,ARMA)などが含まれる。一方、長期記憶は相関が長く持続する。
 R/S等計量などについて調べていたらでてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »