« [その他]大岩扇山 | トップページ | [その他]牧ノ戸峠 »

2010.04.05

[その他]『天地明察』

 買ったその日にも読んでしまうはずだったのに、冲方丁の『天地明察』(角川書店)を実際に読んだのは3月も末だった。主人公(渋川春海)を取り巻く、爺さんたちが印象的だった。現在のきびしい状況での科学者にも通じるところがあって、繰り返して読んだ。
 紅茶を、いつものアッサムからルフナ(スリランカ)にかえてみた。

|

« [その他]大岩扇山 | トップページ | [その他]牧ノ戸峠 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]『天地明察』:

« [その他]大岩扇山 | トップページ | [その他]牧ノ戸峠 »