« [香椎・千早][九大]大雨 | トップページ | [香椎・千早]名島飛行場 »

2009.07.28

[九大]7月は・・・

 6月から7月にかけては、三連打をくらって気も沈む日々だったという方も私の”会社”には多かったと思うー少なくとも私はそうだ。三連打とは、遠隔地(伊都キャンパス)に通っての授業に蓄積する疲れと剥ぎ取られる時間、減ったボーナス、約10倍にもなった自動車入構料金(私は職員で、自動車通勤と届け出して、自動車で通勤している:こういう人は入構料金を払わないと門のところのゲートから中には自分の自動車で入れない)である。この3つ、というのは、私が思いついたのではなく、伊都キャンパスでの授業前に耳にはさんだものである。
 以前、研究室に人数を割り当てて動員をかける(大学の本部が)ということがあったときにも思ったのだが、一見解決になるように見えて実は構成員(いわゆる、しもじも)のやる気にダメージを与える方策を、競争関係にある他の団体の管理的立場にある人が知るようにする、というのは相当に有効なやり方だろう。春秋戦国のころからありそうだ。(最近、「中国の戦国時代は日本の戦国時代より時代的に後で、日本の戦国時代の名前をいわばぱくった」と思っている人が話しているのに接近遭遇して、思わず口を挟みそうになった-たまたま近くにいた見ず知らずの人が明らかに間違ったことを言っていると思わず口を挟んでしまうのは私の少なくない欠点の1つだが、このときは幸いにも三連打で疲れていて口をはさむゆとりがなかった) こういったやり方はどういう条件の時にはだめか(短期間でもいいということは充分ありえそうなので進化的な安定性といったことだけでは考えられそうもない)などと考えてしまった。

|

« [香椎・千早][九大]大雨 | トップページ | [香椎・千早]名島飛行場 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [九大]7月は・・・:

« [香椎・千早][九大]大雨 | トップページ | [香椎・千早]名島飛行場 »