« [香椎・千早]50年前 | トップページ | [その他]八紘一宇の塔 »

2009.05.17

[本]『鷺と雪』

 いつもなら買ったその日に読んでしまいそうな、北村薫の、”ベッキーさん”シリーズの新作『鷺と雪』をやっと読むことができた。このシリーズは完結だそうである。よく敗れるものは亡びず(漢書刑法志)はこのシリーズに以前も出てきた。今回も印象的だった。本屋さんに行く時間が少なくて捕捉能力が下がっている。加納朋子の新作が文藝春秋からでているのもやっと気づいた。

|

« [香椎・千早]50年前 | トップページ | [その他]八紘一宇の塔 »

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2013.02.15 15:36

北村薫は引き込まれますね、照柿、レディージョーカーなど、ちょと古いのですが、離れられません。
通勤の満員電車の中で読むと、周りと隔離します。
小田急線は、ちらほらマスク姿の人が、昨日から出始めました。車内でセキをしないよう、我慢しています。
( ^ω^ )

投稿: 湖水地方(菅谷) | 2009.05.19 09:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [本]『鷺と雪』:

« [香椎・千早]50年前 | トップページ | [その他]八紘一宇の塔 »