« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.31

[その他]学術振興会特別研究員

 今年から学術振興会特別研究員の審査結果は、ウェブサイトで確認できる(本人に限る)とのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.25

[鳥だの森だの]「ポメラ」

 「ポメラ」はキングジムの製品で、折りたたみキーボードと4インチの白黒の液晶画面(4インチとのこと)がついたテキスト入力用に特化した道具である。小さくなるし、キーボードはそれなりの大きさがあるので、外出してテキストを書く仕事が多いとかなり使えそうである(知人で、私よりだいぶコンピューターに詳しい々も早速かなりの分量でふれている)。こちらには詳しい説明がある。衝撃にも強いそうだ。ペン型の手書き入力の道具は、MVpenをはじめとしたものがあるのだから、いままでなかったのが不思議なくらいである。
 以前、折りたたみキーボードが便利ではなかろうかと試したことがあるが、標準的な5段配置でなかったせいもあり、使いにくかったのでやめた。「ポメラ」の実物を試すのは楽しみだ(この週末は無理だが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

[その他]アメリカンフットボールのポジション

 アメリカンフットボールのポジションにはときどき見慣れない略号がある。
PPはパントのときに現れることがあるが、パントキッカーの一番近くにいるオフェンス側プレイヤーで、PersonalProtector。同じくパントの時にはGはGunnerということもあるようだ(オフェンスラインの両端にやや離れているースプリットエンド的な位置)。LTはローレンス・テイラーなどというのも昔ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[福岡]かすやドーム

 福岡市の東、粕屋町には、「かすやドーム」というドームがある。このまわりは小高くなっており、いくつもかなり大きな池がある。駕与丁池は天正年間に作られたそうである(こちらにある。立花氏か高橋氏の頃か)。池には、若杉川金出川(いずれも篠栗町)から導水されているとのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

[その他]NFL-マイアミ-wildcat

 マイアミが、ニューイングランド、サンディエゴと、強そうなところ(去年のAFC最強のところ)を連破して、勝敗を五分に戻している。地区最下位ではあるのだが、去年のことも考えるとけっこうびっくりである。試合の断片を見ると(全部見る時間も機会もなかった)、QBのペニントンがサイドラインに近いところに立っていて、スナップはランニングバックなどに行く、wildcatというフォーメーションが使われていた。NFLで見たのは初めてである。サンディエゴは、ランをとめるべく穴(ホール)を埋めるようにしているようだったが、しばしば混乱していたように見えた。スナップを受けたRBがペニントンに後ろパス、そしてペニントンがパスか走るかというのも予想できるし、リバースなどもあるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[香椎・千早]積文館書店

 積文館書店のサイトを見ると、福岡市東区にはもう店舗がないことがわかる。フレスタ香椎(JR香椎駅ビル)のサイトには、まだ積文館書店があるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

[本]『貧民の帝都』

 題名と帯などを見て、もしやと思い『貧民の帝都』(塩見鮮一郎著、文春新書)を手にとって見た。高校に通っていたときに毎日のように通っていた新宿の一角について載っているのではないかと思った。ぱらぱらとめくっていくと、「新宿駅南口の大スラム」という見出しで出ていた。いまの新宿4丁目にあたる一帯で、新宿駅から5分とかからない。旭町というのだと高校当時聞いた覚えがある。『貧民の帝都』に載っている図でいえば、甲州街道の地下道をくぐり(信号によってはくぐらないときもあったが)バンザイ横丁という道を通って高校に通っていたことになる。
 もう10年以上前になるのだろうが、高島屋(タイムズスクエア)ができてから大きく変わったと聞いて、行ってみて驚いたことがある。
 こちらのサイトによると、『1990年代初め頃、旭町は・・・(中略)・・・とてもじゃないけど「女の子」が入り込める状況ではなかった』とのことである。私が高校に通っていたのは、1970年代になる。

(以下は10月11日加筆)
このあたりはかつて、林芙美子の小説『放浪記』に登場することでよく知られていたらしい。私が高校生の頃、すでに『放浪記』は、”以前はよく読まれた”小説だった。
 『新宿裏町三代記』という本がこの地域の昔について詳しいとのことである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.05

[本]『所有せざる人々』

 ル=グィンをとりまく一時のさわがしさは去ったようだ。『所有せざる人々』を読み直している。初めに読んだときの印象の強さ(アタックという感じでした)から、あまり何度も読み直していない。『所有せざる人々』は、ル=グィンの代表作の1つで、ハイニッシュの方のシリーズの1つになる。1970年代半ばに出版され、ヒューゴーとネビュラの両方の賞をもらっている。原題は『The Dispossessed』で、ドストエフスキーの『悪霊』(英語タイトルの1つが『The Possessed』)にちなんだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

[その他]明林堂書店

 明林堂書店がひと月ほど前に民事再生手続き開始を申し立てたのは、知っていたが、九州最大手らしい(九州に本社がある書店では最大手ということだと思う)。福岡市東部やその周辺での店舗もだいぶ減った。中古ゴルフ用品店や焼き肉店もやっていたそうだ、海ノ中道の奈多にあった書店がなくなっているが、あそこも明林堂だったように思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.02

[その他]electric doom

 ジャンプしてバイクごと後方宙返り(backflip)はXgamesなどでのモーターバイクのトリックとしては普通になってしまったー最近は単純にバックフリップだけというのはあまり見ない。ジャンプしている間に体だけ後方宙返りするのがelectric doom(以前はelectric deathと言っていた)。こちらなどで見られる。
 前方宙返りはやはりむずかしいらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »