« [その他]大分県の教員採用汚職-続 | トップページ | [統計]Fiellerの信頼区間 »

2008.07.14

[その他]大分県の教員採用汚職-続々

 約4分の1で驚いていたが、どうやら30%らしい。この記事によると、少なくとも十数年は続いていたそうなので、1年あたりの平均全採用数が全教員の1/40とし、、15年間続いていたとしておおまかな計算をしてみると、0.3×15/40で、全教員の10%以上はそういう採用ということになる。
 教員の採用数は、中途でやめる人も少なくない、教員の年齢別人口分布のかたよりなどの理由で、年により相当変動するが、平均値としては全教員の1/40は控えめだろう。ここがより大きな値になると、全教員の中でそういう採用による人の割合ももっと高くなるだろう。

|

« [その他]大分県の教員採用汚職-続 | トップページ | [統計]Fiellerの信頼区間 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]大分県の教員採用汚職-続々:

« [その他]大分県の教員採用汚職-続 | トップページ | [統計]Fiellerの信頼区間 »