« [その他]日本のプロ野球のコミッショナー | トップページ | [統計][R]lattice »

2008.06.28

[その他]プラグイン推定量

 プラグイン推定量(plug-in estimator)と言えば、推定したい量に対応する標本での量そのものである(母平均に対する標本平均とか)。もう少しきちんと言えば推定したい量(母集団の何かの量)を分布関数の関数として書き表したとして、その分布関数のところに経験分布関数を入れたもの、ということになる。代入のことをplug-inということがあるあたりから来ている言葉だろうか。

|

« [その他]日本のプロ野球のコミッショナー | トップページ | [統計][R]lattice »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]プラグイン推定量:

« [その他]日本のプロ野球のコミッショナー | トップページ | [統計][R]lattice »