« [統計]順序制約のある推論 | トップページ | [統計]順序制約のある統計-Jonckheereの検定 »

2008.01.24

[その他]カリフラワーのクミン炒め

 クミンをオリーブ油で炒めておき、そこに1房ごとに切り分けたカリフラワーを入れて歯ごたえが残るくらいに炒め、味付けは塩とコショウでというものなのだが、時に食べたくなると頭に居座ることがある(さめても結構おいしいし、ややこしい手順はなく、ここのところカリフラワーがよく出ているので作ることが多い)。追加する香辛料として、ニンニク、ターメリック、コショウ、ショウガなどは気分で入れることが多い(全部を入れることはまずない)。他に、チリパウダーとかカレー粉とかコリアンダーとか入れてみたことがある(どっと入らなければどれもおいしいとは思う)。蒸し煮にしてみたり、酸味を加えてみたり(カボスとかライムとか)したこともあるが、今では『ベジマニア』(長尾智子著)の作り方に近いものになっている。
 もともと、確か、留学生の方に教えてもらい、その後、今はつくばにいるK君(留学生はこの方ではない)による香辛料の使い方のアドバイス(というよりガイダンス)を経て、時々よく作る時期を迎える。

|

« [統計]順序制約のある推論 | トップページ | [統計]順序制約のある統計-Jonckheereの検定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]カリフラワーのクミン炒め:

« [統計]順序制約のある推論 | トップページ | [統計]順序制約のある統計-Jonckheereの検定 »