« [九大]図書館 | トップページ | [その他]NFL-レギュラーシーズン終わり »

2007.12.31

[九大]電子メール

 もう授業は冬休みに入ってから、びっくりするようなお知らせがいきなり電子メールでやってきた。大学にいる研究者(でも研究者ではない人も)にとって、基本的な連絡手段は電子メールになっており、各大学ではその大学(あるいはもっと細かい単位ということもありうる)のメールサーバーの電子メールアドレスを発給するのが普通である(日本の場合、サーバーアドレスの末尾が.ac.jpということになる)。私が勤めている大学でもそうなのだが、そのサーバー(大学内での通称mbox)を「あと3ヶ月ほどでもうやめるので、あなたのアドレスは使えなくなります」という通知が数日前に来たわけである。一応、通知には、移行する他のサービスは簡単に書いてあるのだが、あまりに簡単なので、どんなことになるのか想像するのも難しい。こういう場合、凶事の知らせを受け取った人は悪い想像に走り、書いていないことはしばしば考えられる中では悪い方向で現実化することも多い。今回の場合、たぶんこの通知を受けとった人数は4桁のかなりのところだろうから、休み明けには善後策と説明とで相当の人数の、相当の時間とエネルギーが費やされるだろう。アドレスが変わると、各人はいろいろなところに変わりましたという手続きをしなければいけない(しかも普段は意識していないものも相当数あるだろう)。まさかとは思うが、あと3ヶ月で現アドレスがなくなり、現アドレスに出されたメールはサーバーがありませんというエラーで返されるようなら、被害の総計はかなり大きいだろう。
 今回のメールサーバーやめますという通知は、決定しましたというものだった。あらかじめユーザーに予告とか意見聴取とかはなかったようで(だいぶ聞いてみたが、うわさとして知っていた人がごく少数いただけ)、寝耳に煮え湯の、電撃戦であったといえそうである。事前に兆候を察知されないことは、奇襲かくあるべし(風林火山?)というものなのだろうか。
 最終的に、細かい単位でメールサ-バーを持たざるをえなくなり、管理が行き届かないサーバーが出て(たぶん必然的?)、セキュリティレベルの大幅低下と関係者(いったん低下すると一般ユーザーだと自分は思っている人のかなりも関係する)のさらなる疲弊[すでに全般的にだいぶ疲弊はしている]につながらないといいのだが。

 

|

« [九大]図書館 | トップページ | [その他]NFL-レギュラーシーズン終わり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [九大]電子メール:

« [九大]図書館 | トップページ | [その他]NFL-レギュラーシーズン終わり »