« [その他][香椎・千早]カレー | トップページ | [その他]入学金の免除 »

2007.01.29

[統計]ベイズたとえ話

 以下は、Carlin&Louisの本(Bayes and Empirical Bayes Methods for Data Analysisの第2版)に出てくるベイズ統計のたとえ話である。
 ある学術雑誌では原稿の採択率は30%という情報がある。自分が投稿してみたらacceptされた。次に似たテーマを扱った原稿をその雑誌に投稿したらどのくらいの確率でacceptされると、あなたは見積もりますか?というのが問題である。直接的な推定値は1/1で100%なのだが、そうではなく30%と100%の間だと見積もるなら、あなたはベイジアンというわけだ。30%という全体的な採択率情報が事前分布、1つ投稿したらその1つがacceptされたというのがデータである。

|

« [その他][香椎・千早]カレー | トップページ | [その他]入学金の免除 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [統計]ベイズたとえ話:

« [その他][香椎・千早]カレー | トップページ | [その他]入学金の免除 »