« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.26

[統計][鳥だの森だの]データの読み合わせ

 測定誤差などの誤差について書かれた本には、たいていまちがえてとんでもない値を記録してしまうというのが誤差が生じる原因(錯誤による誤差、などと呼ばれる)の1つとしてあげてある。これがあまり重要でないこととして読み飛ばされていることが多いのに気づいたのは、10年くらい前だっただろうか。データとして数値が得られ、(今なら)コンピューター上のファイルになるまでの間に人が介在するなら、とんでもない人為的間違いは、どこかの別世界の不幸な人の事件ではなく、あなたの目前の現実だと言っていいだろう。小数点を抜かす、1つデータを飛ばす、前のデータをもう一回入れてしまう、数字を追加してしまう(25.2といれるべきところで125.2とか)、数字を抜かす(525.3といれるべきところで55.3とか)、次の項目の数値を書いてしまった(気温なのに湿度の値をかいてしまい気温が摂氏95度とか)などはよく起こるー私の経験ではこういった間違いを犯す人の割合は、(1-[”私はそんなばかげた間違いをすることはありえない”と主張する人の割合])よりもだいぶ高い。さらに、なぜそう間違ったのか不思議になるような数値をまちがって書いてしまうこともそう珍しくは無い。疲れ果てて”小人さん”が仕事をしている状態になっていなくても、そこそこ間違いは起こる。自動的にコンピューター上のファイルにデータが入っていくような測定でも、測定条件はノートに手書きする必要があるということもある。そういったときにも間違いは入り込む。こういうときには口にして確認してみたり(旧国鉄の指差確認みたいに)指でさして確認すると多少は間違いの率が減るようだ。口に出して確認していて”一人暮らしが長いと独り言が多くなるんですね”と言われ、そう言われてもなお確認するのをやめなかったので(誤り軽減につながるのでそう簡単にやめるわけにもいかないし、気分は「その円を踏むな」というようなものである)、おかしいと言われたことがこれまでに何度かあった。
 入力してしまった後のファイルになったものなら、変な値を検出するプログラムを走らせる、散布図、ヒストグラムなどの図を描いてみるといった手もある(そんなことは、当たりまえだろ、と言われそうである)。手書きや手入力の部分があって、その前後の記録が残っているなら、2人以上でデータを声に出して読みながら照合する作業(私の実家では”読み合わせ”といっていた)は欠かせない。

さて、10月にはいって多忙の上に多忙を重ねたような状態で、ほとんど日々山積する業務の表面を処理するだけで翌日になっているが、まだしばらくは続きそうだ。恒例の研究費申請書類シーズンはほぼ終わったので、来週後半になって少し楽になったらいいのだが。

この項は続く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.24

[統計][本]Ecological Models and Data in R

 Ecological Models and Data in Rという本がPrinceton Univ. Pressから、そのうち(?)出るそうです。著者のサイトから内容を見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.22

[大学]教員の任期制・続

 教員の任期制だが、来年の4月に学校教育法の改正に伴う教員組織の変更(助教の新設など、法律改正自体はすでに行われている)のときに任期もつけようという動きが、医学部中心に広まっているそうだ(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

[大学]『大学史上かつてない構造的大ストレス時代』

 タイトルは、10年以上勤めている多くの大学教職員にとって、大学のいまの状態をあらわしたものとして共感されるのではないだろうか。『』が付いていることからもおわかりのように、残念ながら私の造語ではない。国立大学法人sの健康管理センターなどが作っている全国組織である、国立大学法人保健管理施設協議会のメンタルヘルス研究協議会というところが作った冊子「大学法人化時代のキャンパス・メンタルヘルス」の中のフレーズである。
 この冊子では、1997年の教官任期制導入あたりからの10年くらいのあいだに、大学人に対して、教育・研究などの本来の役割に加えて、「厳しい状況と重要な新しい課題が」「急激に押し寄せてきている」ととらえて、「現況はかつてないほどの多彩な負荷が重くのしかかり、これが長期持続的、制度起因的なもの、つまり構造的なものになってきている。」と述べている。冊子では、教職員のメンタルヘルスや健康管理、過労死、過労自殺などに取り組む重要性が述べられているわけだが、確かに、「多彩な負荷が長期持続的、制度起因的」というのは実感によくあっている。年度末のこれが終わればしばらく楽になる、といった感じはかなり昔のことで、直接、研究と教育ではないことの負荷は一時的ではなく、しかも持続的に急激に増加しているように感じる。
 ”疲弊の時代”への突入である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[九大]またも閉店・・・

 地下鉄の箱崎九大前の駅から出てすぐのところにスパゲティ屋がある。10月いっぱいで閉店だそうだ。ローソンもなくなったし、箱崎九大前駅のすぐそばから店が減っている。箱崎埠頭西側入り口の交差点のところ(明林堂の奥)の貸しビデオ屋(?)も閉店していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.17

[その他]眼鏡できてくる

 眼鏡は結局新しく作ることになり、8日にすぐ注文した・・昨日(16日)できてきた。ここのところ連日のように電話をかけてくるしつこい客だったことだろう。まだ、前のようにはしっくりしていないが、昨日の昼さがりまでとは大ちがい。注文後8日というのは、自己新記録(career high)だろう、きっと。
 今週は今年の後半(もちろんここまで)でもっともスケジュールの厳しい週だ。授業も火水金にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.16

[統計][本]Programmieren mit R

 三中さんのサイトにも紹介されている、『ウーヴェ・リゲス著/石田基広訳『Rの基礎とプログラミング技法』(2006年10月下旬刊行予定,シュプリンガー・ジャパン,ISBN:不明)』、実物を見た記憶が無い。かすかな記憶をたどってみると、もしかして、Programmieren mit R (ISBN3-540-36332-7)か。以前、出版されているのはどこかで見たがドイツ語らしいので手を出さないことにした。著者のサイトはこちらである。
 ドイツ語からの訳なら、統計関係の本ではめずらしい気がする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.12

[本]講談社青い鳥文庫にベイズ推定

 ベイズ推定が講談社の青い鳥文庫にまで登場したらしい。ある章(のようなもの)のタイトルが「幽霊の存在-ベイズ推定-」である。書名は、ハワイ幽霊城の謎、である。著者は、はやみねかおる(売れっ子ですね)。
 眼鏡がだめなので、内容が確認できない。

 以前、本を書いたときに、「なんでもベイズ推定」というコーナーを考えたのだが、結局本の一部にするのはやめた(あまりに違和感があったので)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.08

[その他]眼鏡

 連休(だということに今日になって気づいた)に入る夜、眼鏡を外したら、どうも感触が変で、台に置いたら片方のつるの蝶番が壊れていた。つるがとれてしまったので、仕方なく前に使っていた眼鏡をかけたのだが、使っていたものとはだいぶ見え方もちがい作業が不便なので(とくにディスプレイの前でキーを打つのが低能率)、眼鏡店に行った。結局、何日かかかるとのことで、あららとバスに乗って戻ってきた。
 よく考えてみると、先週水曜から金曜にかけて、日程が決まっているコンピューター仕事があった。そのときに使えないことを思うと、まだその仕事が終わった後なのでよかったのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

[統計]ヒストグラム

 なんらかのデータ(1変数)の分布を見るとき、ヒストグラムを書いてみることはよく推奨されている。確かに、代表値と誤差棒[エラーバー]など(たとえば、平均値や中央値と、標準偏差や四分位数)よりも、箱ひげ図よりも、ヒストグラムのほうがよくわかることは多いー場所もとるが。
 ヒストグラムからの印象はわりと強いので、変わったヒストグラムからは実際のデータの分布とは違った印象が生じることがよくある。すぐに思いつくのは、区間の境目が自然でないものである。どう考えてもたとえば5,10,15、と区切ったほうが自然なのに、なぜこんな中途半端な値で区切ったのだろうかと不思議に思うことがある。平均値なども与えられていると、そのヒストグラムからの印象は偏っていることがわかってしまうこともある。
 次には区間の幅がそろっていないヒストグラムである。こちらはつまづいた経験を持つ人が少なくないだろう。区間の境目が自然でないものよりもこちらの方がたいてい破壊力が大きい。
 区間の幅がそろっていないものの変種とも言えそうだが、対照区ー処理区のような2枚のヒストグラムで区間の幅がちがうというものを見ることがたまにあるーだいぶ以前(確か)生態学会でそういうヒストグラム(3枚だったと思う)で発表していた院生の話を聞いたことがある。質疑の時間に私よりだいぶ年長の方が指摘した。私は発表を聞いた直後でもほとんどヒストグラムの幅のことしかおぼえていなかった。
 経験分布関数を図にしてみると(見るのにいくらか慣れは必要だと思うが)ヒストグラムよりもよく分布の様子がわかることもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.02

[個体群]ケーキ

 そろそろ甘いものということで、ケーキ(広義)である。ケーキ屋はわかりにくいところにあることが多いし、あまり、ふらっと入るようなものでもない(ときどき入るが)と思うので、リストを作ってみた。ラーメン屋ほどではないが、既になくなっている店が多いことに驚くー私がサバランを買いに行って売り切れだったことがある店はいずれもすでに閉店しているが偶然だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.01

[個体群]ラーメン

 ごまさばふぐ、と来て、そろそろ当然、ラーメンである。福岡市周辺では、博多ラーメンと全国的には呼ばれることが多い、細めん・とんこつスープが普通である。めんを食べた後で、めんだけ追加する「かえだま」もしてくれる店が普通である。意外(住んでいる人にとってはとくに変わったことではないのだろうが)、細めん・とんこつスープではないラーメンを出す店もけっこうある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[九大]飛行機が通る

 九大箱崎キャンパスはすぐ上をよく飛行機が通る。福岡空港への北側の発着ルートの下にあるからである。理学部などは着陸時にはあまりに真下にあるので窓際に座っていても見るのがむずかしいことが多い(ここで降りられたら便利だとは思う)。九大に来て数年たつと飛行機が通るときには黙って、行ってしまうとまた話し出す、とも言われるように、箱崎キャンパスと飛行機はよくセットで話題になる。
 大学ではないが、飛行機が近くを通ることで有名なところは数多い。よく知られた例としてはシェイ・スタジアムだろう。アメリカのプロ野球(MLB)のニューヨーク・メッツの本拠地で、近くのラガーディア空港を発着する飛行機がよく通る。ある選手のインタビューによると、1イニングに2機くらい通るそうである。メッツ、多くの日本人選手がこのチームにいたことがある(野茂、新庄、吉井、石井、松井(稼)など)。ロッテのバレンタイン監督が監督をしていたこともある。
 だが、箱崎キャンパスをシェイ・スタジアムになぞらえたり、両者を比べたりすることは、九大周辺では聞いたことがない。テレビではアメリカのプロ野球もかなり登場し、メッツもある程度とりあげられるので、そういう話題になってもよさそうなのに不思議だなあと思っていた
 メッツといえばヤンキースだが、その本拠地のヤンキースタジアムはシェイ・スタジアムから数kmのところで、箱崎キャンパスからだと平和台くらいのところである。九大の新キャンパス(伊都地区)は、箱崎キャンパスをシェイ・スタジアムになぞらえると、ニュージャージー州にあるジャイアンツ・スタジアム(アメリカンフットボール[NFL]、すぐそばにNBAのニュージャージー・ネッツの本拠地もある)かもう少し遠くかぐらいの位置にある。
 シェイ・スタジアムとラガーディア空港の位置関係は、GoogleマップでShea Stadiumを検索してください。ちなみにシェイ・スタジアムはテニスの全米オープンが行われるフラッシング・メドウのすぐそばでもある。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »