« [統計]プロファイル尤度 | トップページ | [鳥だの森だの]赤外線・紫外線デジタル一眼レフ »

2006.09.13

[統計]MacSpinみたいなもの

 3変数のデータを3次元(xyz座標)の散布図にプロットしたといっても、プロットされている画面は所詮は二次元、どういう関係があるのかはなかなかつかみにくい(ときたま、すぐに把握できる人がいて、うらやましい)。ところが、そこで、どれかの軸のまわりで回転する(アニメーション)と点の群れが3次元空間に浮いているように見えて格段に特徴がつかみやすい。DonohoらのMacSpin(論文はこちら-Donohoの論文としてはあまり読まれていない方なのだろう)はこれをするソフトウェアで、はじめて見たときはこんなことができるのかと驚いたのをおぼえている。
 いまでもこの機能は便利だと思う。Macspinはその後、商業ソフトではなくなり、最近ではウェブサイトはあるもののソフトまではたどりつけなかった。フリーのソフトウェアでこの機能を持っているものはないだろうか(OSはLinuxでもMacOSXでもMS-Windowsでもいいのだが。どれでも使えるともっといい)。Rのパッケージにあってもよさそうな気もするのだが・・・探し方が悪いのかもしれない。
-----
(ここから9/14)
 久保さんからコメントのように教えてもらい、一番手近にあったMacOSX機でやってみた。rglパッケージのバージョン0.66がインストールされてしまってplot3dが使えなかった。すぐ、試してみたかったのでそれ以上追求せずMS-Windowsマシンを引っ張り出して試したらうまくいった。点の色を変えたりしてくるくる回してしばらく遊んでしまった。点によって色を変えたり(こちらは簡単)、点の大きさを変え(一度のプロットでは点の大きさは定数なので、二回に分けてプロット)たりしてみるのもすぐできた。できてしまうと、”放っておいても次にクリックするまではゆっくり回り続けるのも便利かも”などと勝手なことを考えてしまった。

|

« [統計]プロファイル尤度 | トップページ | [鳥だの森だの]赤外線・紫外線デジタル一眼レフ »

コメント

久保さん、早速ありがとうございました。試してみます。

投稿: A1 | 2006.09.13 15:15

R の library(rgl) の plot3d() 関数で簡単にできます.

投稿: 久保 | 2006.09.13 12:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [統計]MacSpinみたいなもの:

« [統計]プロファイル尤度 | トップページ | [鳥だの森だの]赤外線・紫外線デジタル一眼レフ »