« [その他]音声によるコマンド入力 | トップページ | [九大周辺]馬出に »

2006.08.26

[統計]制限付き最尤法

 年に一度くらいは質問されて、自分で作ったメモを引っ張り出してくる言葉がいくつかある。REMLもその1つである。restricted maximum likelihoodの略で制限付き最尤法と訳されていることが多い。統計の辞典類の中には、residual maximum likelihoodの略であるとしているものもある。訳すとすれば残差最尤法だろうか。REMLはいわゆる固定効果のパラメーターの影響を除いて最大化するもので、周辺尤度(marginal likelihood)の最大化だと見ることもできる。
 日本語ではREMLの説明はあまり多くは見かけないのだが、『統計モデル入門』(丹後著、朝倉書店)の説明用の簡単な例がわかりやすいように思う。

|

« [その他]音声によるコマンド入力 | トップページ | [九大周辺]馬出に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [統計]制限付き最尤法:

» [Science] REMLとは [幾霜]
おぉ、ありがとうございます。というか『統計モデル入門』に書いてありましたか。見逃してました。というか、これあまりにも難解なので通して読んだこと無いんですよね・・・。しかし今回は分かりやすかった。以下、私の理解。 尤度(対数尤度)が、L = L(a) × L(b)lnL = lnL(a) + lnL(b)といくつかの尤度の積(対数尤度の和...... [続きを読む]

受信: 2006.08.26 21:10

« [その他]音声によるコマンド入力 | トップページ | [九大周辺]馬出に »