« [その他]ル=グインの法則 | トップページ | [その他]音声によるコマンド入力 »

2006.08.24

[その他]播磨科学公園都市

 兵庫県西部の山中の盆地に、兵庫県が計画・造成したのが、播磨科学公園都市である。ここに仕事で行ってきた。Wikipediaでは、『交通が非常に不便』とされているが、ほとんど人家がなかったであろう盆地(3つの町の境ー市町村合併の結果2つの町と1つの市の境になった)に造成され、はじめの計画よりもかなり少ない(ほぼ1桁ちがうらしい)人口しかないため、確かにとくに自動車なしでの不便さは大学の学部がある場所としては群を抜いている(研究施設などならさらに不便なところはあるが)。また攻殻機動隊に出てきたことがあるので、そちらでご存知の方もいるかもしれない。最寄りコンビニまでは4km近く、途中にかなり長いトンネル(盆地にはいる道にはたいてい長いトンネルがあり、その中ではまだ短い方)がある。兵庫県立大学(理学部や付属高校がある)は別にして、ここにある施設として有名なのは、Spring8だろう。(上記の距離は兵庫県立大学理学部付近を基点としたもので、Spring8とは3-4km離れているので、Spring8基点だとまたちがうー最寄りはたぶん5km弱[県立大からだと8km弱になる]のところの別のコンビニだろう)
 奇抜な建物が多く、道路名が”テクノライン”(攻殻機動隊にも出てきた。英語の名前もあり、technopolis lineらしい)、交差点(有名建築家がデザインしたそうである)が”テクノ中央”など、いかにもといった名前がついている。小学校(ウェブサイトによれば[古い情報ではあるが]全校児童は50名あまりだそうだ)の体育館は丸いドーム状というかガメラ状である。
 こういう研究学園都市的なものが予定通りにはできなかった場合によくあることであろうが、かなり広い。Spring8のそばにはほぼ1km続く直線道路がある。その端を通りかかったら、周囲には人影もない中で、大型バイクと車と数人(5人以上)の人がたむろしているのが目についた。どうやら、警察によるスピード取り締まりらしかった。しばらく前にはあった書店(丸善)はなくなっていた。

 学生生活につきものの、ビデオ屋、ホームセンター、自動車用品店などは、どこにあるのだろうか。

|

« [その他]ル=グインの法則 | トップページ | [その他]音声によるコマンド入力 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]播磨科学公園都市:

« [その他]ル=グインの法則 | トップページ | [その他]音声によるコマンド入力 »