« [その他]サーバー移転 | トップページ | [九大]オープンキャンパス »

2006.07.28

[大学]サーバー地獄

 (大学で)自分が管理者になっているサーバー等は一時期8台あった。自分自身のウェブサイトを移転して、その分のサーバー管理をしなくてもよくなったり、あれこれ片付けて(増えた分もあるが)4台まで減った。そのうちの1台、大学のある部署のウェブサイトを載せているサーバーがゴールデンウィーク前から、呪われたような状態である。おおまかに言うと、まずハードディスクの故障である。かなり古いPC(だいたいそうだろうがサーバーであるしLinuxで動かしていた)だったし、新しいマシンに置き換えることにしたが、なぜかどのメーカーもすぐには納品できないと業者にいわれた。旧マシンからのデータ吸い出しに手間取り、納品されたらされたで、新しいマシンでは同じディストリビューション(という言い方でいいのだろうか)でもちがうCDなりDVDを作らなければいけなかったりした。自分以外の人や組織のウェブページがあるサーバーが落ちていて、その管理者だというのは、ただただ針のむしろだ。『申し訳なくて(あるいは、恥ずかしくて)お天道様の下は歩けねえ』という感覚でもある。
 ところが、この新マシンもハードディスク故障(BIOSのところでひっかかってしまうようになった)で、あわてて前回の教訓にしたがって準備していたバックアップマシンに切り替えて、すきまの非稼働時間は一時間余りだった。故障した新マシンの方は、メーカーに電話したが、夏のせいか、なかなかつながらなかった。それでも、今日、新マシン(当然まだ保証期間)の修理をしにきたー部品交換だけだが。あとは新マシンにOSをインストールして設定すればひとまず一段落だーと思うことにする(夜、OSのインストールもできた)。
  トラブルのときにどういう可能性をあたるか、とか、やや客観的な目で”後ろでみている人”の重要性とか、バックアップマシンの構成とか、知識が広がったり、新しい観点を得たなということはある。しかし・・・
 サーバー故障対応で仕事をしていたような気になっているが、ふと気づいたとき悲しいのは、これが本来の仕事とはいいがたいことだろう。私は一教員でそういった仕事は本来のものではないー大学の本部などが情報関係の調査をするときなどはボランティアなどと分類されるのが普通である。日本の多くの大学で、大部分のサーバーはこの”ボランティア”によって管理されているだろう。サーバーやネットワークのトラブルの際にいわゆる”担当”や”委員”なので出動するわけだが、今日もあちこちの大学で”ボランティア”が出動していることだろう。消防団が火災で出動するようなものかなあ(単なるたとえであるー大学の情報センターやコンピュターセンターが消防署?)とよく思う。
 私の仕事にとって痛いのは、サーバー故障対応で時間を取られる(だいたい論文を書くということなら2つ分に相当)こともあるが、それで仕事をした気になって、たとえば論文を書くのを遅らせることだ。ふう。
 そう言えば確か、朝永振一郎も、研究者に研究以外の仕事をさせると、仕事をしたような気になって研究のアクティビティーが低下する、とどこかで言っていた。


 

|

« [その他]サーバー移転 | トップページ | [九大]オープンキャンパス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [大学]サーバー地獄:

« [その他]サーバー移転 | トップページ | [九大]オープンキャンパス »