« [鳥だの森だの]マクロレンズ | トップページ | [本]囲碁界の母・喜多文子 »

2006.02.05

[その他]藤沢周平と”熱狂の時代”

 藤沢周平は『私は熱狂がきらいである』といい、『過熱した風潮がおそろしい』と言っていた。ときどき、それを思い出す。戦争が熱狂の最大のもの、だとも言っていた。小林信彦(「ぼくたちの好きな戦争」など)を読むとそれを実感する。

|

« [鳥だの森だの]マクロレンズ | トップページ | [本]囲碁界の母・喜多文子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]藤沢周平と”熱狂の時代”:

« [鳥だの森だの]マクロレンズ | トップページ | [本]囲碁界の母・喜多文子 »