« [その他]ニミッツ、マッカーサー | トップページ | [鳥だの森だの]レンズの配置設計 »

2006.02.16

[その他]ル=グィンの新作

 ル=グィン(ル=グウィン)を読み始めたのはかなり昔、「闇の左手」だった。たしか、次が「影との戦い」で岩波書店から出ていた割と大き目の本だった。結局、翻訳された本はたぶんすべて買って今に至っている。新作(新しい翻訳書)が出ると気になって買って読むが、いままで私にとっては、アースシーでは「こわれた腕環」が、ハイニッシュ・ユニバースでは「所有せざる人々」が最高である(「こわれた腕環」は岩波から出ている単行本を2冊、英語のTombs of Atuanを1冊買ってしまった)。私にとって、それにつぐのは、「影との戦い」である。Very far away from anywhere else[日本語翻訳タイトルは「ふたり物語」]もつよく印象に残っている(ここにも日本語紹介があるが、訳があることはふれられていないようだ)。これはもちろん私の個人的な趣味である、ル=グィンほどになると、熱心な読者、持続的な読者も多く、それぞれの評価があるだろう。
 就職して少し後、「アメリカ人はなぜ竜がこわいか」(たしかサンリオ文庫だった)も「こわれた腕環」ほどではないが何度も読んだ。
 また、新しい翻訳(「なつかしく謎めいて」)も出ているし、Giftも訳が出版されるのが楽しみである。

|

« [その他]ニミッツ、マッカーサー | トップページ | [鳥だの森だの]レンズの配置設計 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [その他]ル=グィンの新作:

« [その他]ニミッツ、マッカーサー | トップページ | [鳥だの森だの]レンズの配置設計 »