« [その他]調査統計局 | トップページ | [本]ある作家の小説をすべて読む »

2005.05.21

[大学]助手→助教(と助手)

 大学の教員の職名は、教授、助教授、講師、助手となっていることは、大学関係者(とくに教員自身)はよく知っていることだろう。これを、助教授を准教授にし、助手を分割して助教(新設)と助手にする法案が今の国会に提出されているのだが、私はそこまで進んでいるとはまったく気づいていなかった。現在の助手は「教授及び助教授の職務を助ける」と法律に定められているが、多くのところで実際とも必要性とも離れているように思う。
 この法律案が、文部科学省の中央教育審議会の分科会の検討委員会というところで検討されている様子のあらましは、文部科学省のウェブサイトでもわかる。新設される助教(たしか戦前に教員資格をもっていない代用教員をそう呼んでいたのではなかったか?)に対して認める独立性がみるみる低下していくのがわかる。[ここから、大学の教員組織の在り方に関する検討委員会のところを参照]
 『若手研究者が全て独立してしまうということがいいことなのか、ということも考えなくてはならない。これから伸びようとする若手研究者を助手として独立させるとその助手は伸びない。』といった意見も検討委員会で出ていて、繰り返し読んでしまった。『実績がないためにテナントが余り取れないときに教授や助教授からテナントも分けてもらって、そのあいまに大学院生の指導も少しやりながら、』といった箇所[原文こちら]では、テナントが何を指すのか、頭をかかえた。さらっと読むと研究資金とか設備なども含めた研究資源のことを指しているような気がするのだが、普通、貸店舗やそれを借りている人をテナントといっているだろう。
 分野によっては、大学院生やポスドクのことをテナントと言っているのだろうか。どなたか教えてください。

|

« [その他]調査統計局 | トップページ | [本]ある作家の小説をすべて読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [大学]助手→助教(と助手):

» オーバーポスドク問題 [助教授 平井浩文]
Tappyさんからの要望でもありましたので、今回はこの話題にふれてみたいと思います(ちょっと遅いかな?)   博士が100人いる村   ここを見た時は、ホント、真実を知らされました。   私は1997年に無事、博士課程を修了し、博士(農学)を取得した訳で... [続きを読む]

受信: 2005.05.28 23:43

« [その他]調査統計局 | トップページ | [本]ある作家の小説をすべて読む »