« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.25

[本]源平合戦付近

 大河ドラマが義経のせいか、平安時代末から鎌倉時代のごくはじめくらいの歴史書がいくつも出ている。元木泰雄「保元・平治の乱を読みなおす」(日本放送出版協会)、保立道久「義経の登場」(日本放送出版協会)、板坂耀子「平家物語」(中公新書)など読んだ。「義経の登場」で、平泉に姫宮がいたのを知った。
 平安時代末の”乱”で軍隊が動く範囲は、治承の乱を除けば京都付近のわりと狭い場所である。治承の乱でも、動く距離は大きいが軍勢の動きはわりあいにシンプルである。
 これにくらべると太平記の軍勢の動きは大きくしかも複雑だ。関東での北条氏のなごりの反乱(中先代の乱)に対して京都から出動した足利尊氏らの軍勢は、関東で自立し京都へ向かう。そして、箱根付近で、京都から来る討伐部隊を破って西上する。この足利尊氏らを、中山道方面からの討伐部隊別働隊と東北からの部隊が追いかけて西上する。足利尊氏らの軍勢は、京都付近で勝ったりもするが結局負けて九州へむかう。小勢で九州に着くが、今の九大付近で勝って、京都方面に攻め上る。神戸付近に上陸する足利尊氏らを、京都からの迎撃部隊が迎えうって負けるのが、楠木正成(京都からの迎撃部隊の隊長のひとり、長いこと朝敵[天皇の敵と宣言された人]だった)が死んだ湊川の合戦、というわけだ。そして、このあともまだまだ戦争は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]NBAプレーオフ始まる

 プレーオフに出る16チームが決まり、1回戦が始まった。ペイサーズはどうなるだろうか(敗退すればそこでレジー・ミラー見納め)。また、若いブルズはどこまでいくのだろうか。
 前に書いたレイカーズがやはり、プレーオフ出場は早々になくなり、なんとクリッパーズより下の順位、しかもあと1つ負けていると地区最下位だった。レイカーズがクリッパーズよりも下というのは・・・記憶に無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学と余震

 4/20の余震で、大学ではひびが増えて大きくなった以外は、目だった被害はなかったようだ(ひびが増えて大きくなれば、充分目立つが)。ガス台で火を使うのはまだ尻込みしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.20

地震ー4月20日続き

 午前9時すぎまたかなりの揺れでした。TVは震度4、マグニチュード5.1と言っています。家では東西に揺れました。朝からここまでの地震の震源は、緯度経度をみると、どれも志賀島や玄界島や海付近で、海ノ中道のまんなかあたりではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震ー4月20日

 さきほど(4/20の朝)の地震には驚きました。かなりの揺れで、飛び起きました。私の家では、棚から本など落ちましたが、家具が倒れるということはなかったようです。1月前とは揺れ方がちがいました。長めだったような気もします。雨が降っていますが、外も見なくては。大学は大丈夫だろうか。
 いま、朝6時50分くらいですが、震度3から4くらいの余震(?)が2度ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

地震の被害

 大学の被害はようやくまとまってきたようです。やはり被害はかなりあるようです。研究室のある建物も、よくみるとあちこちに壁がはがれて落ちたところがあります。模様替えで普段見ていないところを見たら、また壁に穴があいて中の材が見えている箇所がありました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.04.10

地震まだ続く-その2

 家で懸案の原稿を書いていたら(4月10日夜)、強めの地震が来た。震度4(玄界島)[東区東浜では震度3]とのことだ。幸い何も落ちたりはしなかった。大学には、破損したままの棚がある。壁など建物のひびは余震のたびに着実に成長している。明日、見るのがこわい。ハードディスクに書き込み中に地震が来るのもいやなので、今日は計算はしないことにするー地震以降、書き込みに時間がかかりそうな計算はまったくしていないことに気づいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

[統計]モデル選択と検定余話

 3月末の生態学会で行なった、表記の内容の自由集会では、モデル選択と検定を混ぜて使うことがかなり浸透していること、混ぜ方の中にはすぐには感覚的な正当化も思いつかないものもあることなどを実感した。「うるさいな、検定して有意だったんだから、確かなんだ。多重検定だからだめだとかモデル選択のほうが適しているとか言うな」といった反応に備えていったのに、ほとんど後の先の機会がなくて拍子抜けだった。
 いくつか宿題も残ったークロスバリデーションの使い方など。他にもいくつか考えておかないといけないことがあることもわかった。あまり単純ではないリサンプリング、そんなに単純ではない確率モデルと尤度の需要(と受容)がかなりあることも実感できた。
 学会から戻ってみると、余震は来るし、大学の建物は、余震でだんだんと大きくなるひびなどあちこち細かく破損している(だんだんと破損しやすい場所のパターンが見えてきたような気がする)。こんなにぼろくなっちゃって。建物の方から見ると、法人化および付随現象に疲れた教員にそう言いたいところかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[その他]NBA

 NBAのレギュラーシーズンももうすぐ終わり。毎日のように、もうプレーオフに出る可能性がなくなったチーム、プレーオフに出ることが確定したチームが決まっていく。1月ころからあやしかったとはいえ、レイカーズがプレーオフに出ないのはやはり印象的だった。この調子だと、クリッパーズの下かもしれない。若いブルズ(いまカンファレンス4位だからプレーオフはまずまちがいないだろう[東西それぞれのカンファレンス8位までがプレーオフに出る])がどこまで行くのかと、ネイト・マクミランがコーチ・オブザイヤーを取れるか、が気がかりです。ウェブサイトをみていると、出場権をberth、出場権を確実にすることをclinchということがわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

地震まだ続く

 4月1日夜の余震はどんと来て、大きかった。震源は志賀島の北端付近とのことだ。大机島では崩落が生じているらしい。建物や崩落などは国土地理院の災害状況図をみると(島を除けば)やはり西区の半島部がひどい。
 3月20日の地震の後、九大図書館入り口付近のガラスが割れていたのは箱崎キャンパスの多くの人が目にしたと思うが、図書館の被害の全体はこちらを。

(以下は4月8日追加)
 海の中道の中ほどと箱崎宮の海側近くに余震の震央のかたまりがある。近くに、「海の中道ー石堂断層」というのがあるそうだ(震央分布と断層位置)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »