« [統計]ばらつきを忘れる | トップページ | [統計]対数変換 »

2005.03.15

[統計]威力のあるごまかし

 統計的方法にまつわるごまかしの種類は多い。しばらく前に、本の一部に、統計的ごまかしの方法の短いリストをのせたことがある。ただ、いろいろな状況で使用可能でもっと威力のあるごまかしがある。それは、ブロックや層別因子(あるいは共変量)を隠すことである。これほど、適用範囲が広くて、しかも大きな効果があるごまかしもそうはないだろう。
 ということは、ブロックなどを取り入れるかそうしないかによって検定などの結果は大きく変わりうる。ブロックや層別因子(あるいは共変量)を認識することは実際の効果も大きい、重要な技術だということである。
 (ごまかしの方ではなく)その重要性をものがたる例が、柳川先生の『離散多変量データの解析』(共立出版)にある。

|

« [統計]ばらつきを忘れる | トップページ | [統計]対数変換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [統計]威力のあるごまかし:

« [統計]ばらつきを忘れる | トップページ | [統計]対数変換 »