« 2004年5月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.06.02

[九大]JRと九大

 九大(箱崎地区)とくに理学部や農学部に生活する人にとって、JRはかなり不便な代物だった。JRは九大(箱崎地区)の東端を添うように走っており、理学部や農学部の目の前を通っているにもかかわらず、である。
 ”JRがかなり不便”という場合よくみられるのは、本数が少なすぎて、というものだろう。だが、九大の脇を走っているのは、九州では幹線中の幹線である鹿児島本線、しかも小倉(北九州市)と博多(福岡市)の間である。それなりの本数はある。
 ここの場合、問題は近くに駅がなかったことである。博多-吉塚-箱崎-香椎、という順で駅は並んでいた。
吉塚と箱崎の間が約1キロなのに、箱崎-香椎は約5キロで、並行している市営地下鉄+西鉄だと、箱崎宮前-箱崎九大前-貝塚-名島-名香野-香椎参道-西鉄香椎、となる。しかも、箱崎駅から九大の理学部や農学部までは、地下鉄で1.5駅分くらいあった。

 少し前に箱崎駅が九大よりに移動してぐっと便利になった。理学部までは普通に歩いて12-15分くらいである(12分と書いたが車が多いと、12分では苦しい)。でも箱崎に止まらない列車(特急だけではなく快速とか)もあるから気をつけて。

 なお、千早駅ができて、いまは博多-吉塚-箱崎-千早-香椎、となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年8月 »