« [九大]箱崎付近の方角 | トップページ | [九大]JRと九大 »

2004.05.29

[九大]一見の価値ある

 古い大学には昔の建物があって、その大学にとっては由緒あるものだったりするが、とくに建築にかかわっているわけでもない普通の人が見ておもしろいとは限らない。ところが、九大箱崎キャンパスには、一部の市民にも親しまれた、印象的な建物がある。工学部の航空である。この建物は、外から見ても(とくに上の方)中がどうなっているのかはなかなか想像しがたい。
 この航空の筋向いには、直角とかでなく中途半端な角度で廊下が折れ曲がっているところが数箇所ある理学部の建物もあるのだが、こちらは、よく見ないと、不思議さはわからない。

 同じ組織に属する隣接した建物は、大体、直角か平行に建っているものだが、九大箱崎キャンパスにある理学部1号館(別名、本館)と2号館はそうではない。この2つの建物は2箇所でつながっている。中央部同士を渡り廊下(と勝手に呼ぶ)で、東の端(箱崎で言う南)も建物があってつながっている。
 ところが、1号館と2号館は平行ではなく、おそらく10度か15度くらいの角度を成している。わりと大まかな地図で見ても平行でないことがわかるくらいの角度である。飛行機から確認しようと思ったこともあるが、福岡空港への着陸時はあまりに理学部の真上で低空を通るので確認はむずかしい。

 平行でない理由は、2号館が工学部の基線によっており、1号館は農学部の基線によっているためらしい。

 次に理学部1号館と2号館をつないでいるものはどうなっているのだろうかと、考えるのは当然だろう。これも割合、複雑である。平行でないから、少なくとも1箇所では90度でない角度で曲がっている箇所があるはずである。中央部同士をつなぐ渡り廊下では90度でない部分は1つだけだが、東側のつながっているところではもう1つ、つまり2箇所なのである。こちらは地図ではわからないだろう。

|

« [九大]箱崎付近の方角 | トップページ | [九大]JRと九大 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [九大]一見の価値ある:

« [九大]箱崎付近の方角 | トップページ | [九大]JRと九大 »